<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
先日のこと。

制作途中。素材はシルバー。


久しぶりにオーダーでアクセサリーを作り、6月20日にお渡ししたのですが、大変気に入って頂けて。
実は私も大変気に入っており。

なんか、なにかが伝わった感覚を久しぶりに味わい。アクセサリーって、こんなに嬉しい、楽しい、ものだったんだ。

って、思い出した日。


恥ずかしながらあまりにも近すぎて見失っておりました。


そうだよね。うん。

毎日結婚指輪や宝石ぎょうさんついとるのを切ったり張ったり叩いたりしてるとさ。
まるでそれは構成された素材でしかなくて。

いや、それはイヤなことではなく歓迎すべき感覚なんだけどね。

ただ、
『この物をいかに迅速に的確に美しく仕上げるか』と、
『あの人の気持ちにどうやって答えよう(または伝えよう)』の違いが

やたら新鮮。


ちなみに、完成形はご本人のみの秘密とさせてくださいね。。
| 制作 | 19:52 | comments(3) | trackbacks(0) |
ほぼ日手帳・自作カバー
ほぼ日手帳カバーほぼ日手帳カバー

経済状況が許さないため、今年は涙を飲んで自作節約カバー。
っても、素材だけはあるので、豪華に革。
しおりも革。先端にオールドビーズ。
金具付き、鍵付き・・に見せかけて、レバー式。

もっと収納をつけて、札入れ小銭入れ装備の「おサイフ手帳」にしようとしたけど・・挫折。機能をこれ以上つけると不便になる可能性のほうがはるかに大きかった。構造は単純であるほど、美しいような気がする。

でもやっぱり外側ポケットは付ければ良かった。
・・怠けた。。

前にも古布とかで2つ試作したんだけど、やっぱり本家の手帳カバーがすばらしいので、自分のがちゃちく見える。(当然だけど)
かといって、素材やサイズを単にコピーするのだけは嫌なのだ。
作る楽しみが半減する。
一度作ってしまったらあとはもう意地なので、来年も、改良して自分にぴったりな物を作っていきたい。
あ、今年のが壊れるまでリメイク・カスタムしていけばいいか。
あ、壊れても直せばいいか。
あ、なんか楽しみになってきた。
あはは。
(by ドリカム / sing or die / あはは より)



えーー、、
なんのことやら知りたい方はこちら「ほぼ日刊イトイ新聞」へ。

| 制作 | 00:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
手慰み
つくりかけ

刺し子

なにを作ろう、と考えるのは苦手かも。苦しい。
なにを作ってるのか分からないっていうのは、たのしい。
作ってる間中、いろんな可能性を感じることができるじゃない。
なにができるんだろう、わくわく。
お母さんの手元を見つめる子供の気分。
ああ、幸せ。
| 制作 | 14:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
銀のバックル記2

今現在こんなんになってます。

このバックル、私の自己満足のために受け渡しが遅れてるんですが、
私としても、いちおう、申し訳ないわけで。

というわけで、出来上がりまでの間使ってもらうバックルを作っちゃいました。(爆)
また時間がかかるといけないので(当然)磨きはほぼナシです。


裏のベルト通し部がポイント。

表はノータッチ。

そんなんいいから、早く仕上げろって?
ですよね〜笑
(反省の色ナシ)
| 制作 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀のバックル記
ブログのサブタイトルが「ものつくりおもう」なのに
あまり関係の無い記事ばかりが続いております。
たぶん現実逃避かとおもわれます。

では、ものつくり記事を。

最近はバックルを作ってます。
去年プレゼントで渡したものですが、
修理のため預かりました。
ただなおすだけでは芸が無いかとおもい、気合を入れて打ち出しなおしてみました。


これが去年の状態。
銀・サンゴ・革使用。
横のわっかは、ウォレットチェーン用のループです。


松脂を盛った台に乗せて模様を打ち出します。


今現在の状態。
くっきりはっきりつるんとなってきました。
これから磨いていきます。
| 制作 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
身の回りのこと
金属をまたさわり始めたって先ほど投稿しましたけど、
そんなにやってると言えるほどは、やってません・・・汗
たいてい繕い物してます。
先日書いた、デニムリメイクとか。
冬に備えるのを忘れてて、いまさら防寒対策に追われてます。

綿入れ&裏地つけ

写真は、先月久しぶりに購入したアウター。
ウールをざっくりと織ってあるのですが、裏地がなく隙間風が気になりそうだったので、間に綿を入れ、裏地をつける途中です。
綿は、祖母から母に受け継がれた「たんぜん」(かいまきぶとん)が不要になった時ほぐして取っておいた綿。
裏地は、父方の祖母の姉妹がグァテマラから送ってくれた布と、先ほどの「たんぜん」の裏地を使用。

ここまできて、ふと思う。
「重い・・・;」

そりゃそーです、薄いとはいえ「布団」の綿を使っちゃったんですから。
続きを読む >>
| 制作 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
石モノ
専門学校卒業後、めっきり金工から離れてしまってましたが、
最近、すこしずつやるようになりました。

数年前に購入した平べったいドーナツ型のターコイズを使ったコンチョ(?)。

最初の完成状態は↓。
コンチョ?
なんとなーく気に入らなかったので、作り直し。
コンチョ?やり直し後
↑完成。皮ひもをつけて、髪飾りに。

以前はあまり使わなかったタガネを使ってみたら、意外と好みの模様に。
食わず嫌いだったのね;
| 制作 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近の手芸
デニムaデニムb

そうだそうだ、
最近気楽にブログ書けてるるなぁ〜、と思ったら
もの作ってる記事がとんと無いですよね〜。
と気付いて投稿。

最近ずーっと、身の回りのことしかしてないんですが
また、デニムの修理してます。
直して直してかれこれ4〜5年はいてるお気に入りです。
夏に破れっぱなしではいてたんですが、もう寒くてつらいので繕ってます。
というか、当て布が全体に行き渡ってしまいそうなので、来年の夏はもう暑くてはけないかも。
でも、ここまでやったんだしなんとしてでも一生履きつづけよう。
もう意地。

アップの写真のあたりが今回の修整個所。
当て布を交換&追加して、デイジーみたいな刺繍を3つプラス。
あと、線路みたいなチェーンステッチも数本プラス。
まだ布が引きつることもあるけど、以前の刺繍部分と比べるとかなりましなので、自分のかすかな成長を垣間見てよろこんでおります。
| 制作 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
TIME IS ART

来月、友人主催の野外イベントがあり、そこでのデコレーションに利用するマクラメオブジェ製作中。
拾ってきた空き瓶を編んで包む。
とりあえず、編む・編む・編む・・
あとは、流木も編んで包む予定。

編むという作業は、癒し効果があると聞きます。
あの9・11のあとのNYでも、編物が流行(?)したらしい。

マクラメ編みを、即興で&立体的に形作っていくのは、とてもトランシー。
時間を編み込んで(編み上げて)いく感覚。
うーん、TIME IS ART!
(そろそろ、マヤ歴の新年ですね)

あ、パーティーイベントで「ライヴペインティング」はもう珍しくないけど、
「ライヴニッティング」ならまだ新しいかも?
会場で夜中、蜘蛛のように編みつづける・・
・・・ちょっとキモい?
| 制作 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS
見てるだけで興奮する
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多肉植物エケベリア 原種とハイブリッド1000種 [ 羽兼直行 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2017/11/21時点)